三輪知雄法律事務所では、中小企業の経営者様や担当者様からの企業法務や労働問題に関するご相談が増加しています。

労働問題に関しては、昨今の「働き方改革」の影響を受け、労働者の権利意識が高まり、これまではあいまいに処理されていた労働問題が表面化してきたといえます。

企業法務に関しては、IT技術の進化、情報発信の多様化、国際化の影響などの要因により、消費者側の権利意識が増大し、顧客、取引先、株主、消費者など、関係者間で物事のあいまいな処理が許されなくなってきました。

愛知で労働問題や企業法務でお悩みの皆様へ|三輪知雄法律事務所

このように中小企業は、元従業員との解雇に伴うトラブル、残業代請求、ハラスメント(パワハラ、セクハラ)の訴え、問題社員の対応などの労働問題、顧客のクレーム対応、各種契約書、トラブル処理に関する適切な合意書作成など、内部的にも、外部的にも、あらゆる課題・潜在的なリスクに直面しています。

企業法務や労働トラブルは、経営者や担当者にとって、非常に精神的な負担が大きいものです。経営者や担当者が、本来やるべき業務や経営判断事項に費やす時間とエネルギーが奪われます。

また、企業法務や労働トラブルは問題が複雑です。情報発信手段が多様な昨今では、対応を誤ると、事実であろうとなかろうと、情報が拡散され、何も問題がない大多数の社員や、社外の大切な取引先に及ぶマイナスの影響は計り知れません。

早期に弁護士に相談し、適切な解決を図る必要があります。

三輪知雄法律事務所では、地元・愛知の中小企業経営者の企業法務や労務問題の解決に力を入れ、積極的に取り扱っています。

三輪知雄法律事務所では、企業法務・労働トラブルに関するご相談は初回無料とすることで、お気軽に相談をできる体制にしています。誰にも相談できずに悩まれていらっしゃる方も多いと思いますが、弁護士が親身になってアドバイスをいたしますので、ぜひご相談ください。

三輪知雄法律事務所 代表弁護士 三輪 知雄