弁護士・税理士 三輪 知雄

プロフィール

■1980年(昭和55年)生
■東海中学校・東海高等学校卒業
■京都大学法学部卒/京都大学法科大学院修了
■2007年(平成19年)  弁護士登録 (冨島・小川法律事務所)
■2015年(平成27年)4月 当事務所設立、税理士開業通知
■2017年(平成29年)4月 名古屋市障害者・高齢者権利擁護センター北部事務所「障害者・認知症高齢者権利擁護事業サービス調整会議」委員(現任)
■2018年(平成30年)12月 経営革新等支援機関に認定(東海在金1第291号)
■2019年(令和元年) 税理士登録(名古屋税理士会)
■2020年(令和2年)7月 名古屋市成年後見あんしんセンター「市民後見人サポート委員会委員」就任(現任)

所属

■愛知県弁護士会  ■名古屋税理士会中支部
■愛知県弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター運営委員会(アイズ)
■青年経営者研修塾 
■せとしん青年経営者会(JEC) ■あいしん経営者の会

メッセージ

幼い頃から、父が、税理士として自宅で開業し、母が税理士事務員として一緒に働いているのを見て育ちました。
そのため、小さい頃は、自宅を訪問するお客様の子供さんと一緒に遊んでもらったりしたこともあり、中小企業をサポートする仕事を幼い頃から身近に感じておりました。

それが縁で現在、税理士登録(名古屋税理士会中支部)も致しております。

弁護士登録後は、上場企業法務、中小企業法務、クレーマー等の交渉、一般民事事件を中心に、事務所設立以降は、企業法務、立ち退き問題、税務に関する問題を中心に取り扱って参りました。

元々、明るい人間ですので、弁護士業務のスタイルとしては、分野を問わず、リスクを過度に説明するというより、依頼者に寄り添う弁護士像を目指しております。

数年前に、相次いで祖母と母が亡くなり、遺産分割手続と、相続税の問題を経験しました。
その際、法的な意味でも、税務的な意味でも、相続は事前の準備が大事だということを身をもって経験しました。
その影響か、単に自分が年を取っただけなのか分かりませんが、年々、相続に関連するご依頼も多くなってきています。

振り返りますと、日々、目の前の仕事に必死に取り組む中で、その時々の師匠と、ご依頼者の皆様、そして、お仕事をご紹介して頂けるたくさんの皆様に、本当に恵まれたことを実感します。

また、当事務所設立以降は、人を雇う立場となり、優秀で努力家の弁護士と女性スタッフにも恵まれ、今に至っていることを実感します。

引き続き、当事務所一同、いつも笑顔で、依頼者の皆様、ご紹介頂いた皆様に、明るい未来を提供し続けて参る所存です。

税理士の先生方へ

学生のころは、よく父の仕事を手伝っていましたが、当時はパソコンもなく、計算が合わない度に怒鳴られ、電卓を再びたたき直すことの繰り返しでした。
現在では、会計ソフトが普及し、このようなことはないのかもしれませんが、確定申告前の忙しい時期は、やかんを置いた石油ストーブの前で、父母が計算機をたたいて検算をしていた光景を今でも思い出します。

私は、このように税理士業務を”熟知”しておりますので、税理士の先生方のお気持ちは、一般の弁護士より分かるつもりです。また、先生方との協働や連携が、他の弁護士よりスムーズに行くかと存じます。

当事務所は、これまで税理士の先生方から、顧問先のクライアントをご紹介頂き、100件以上事件を解決してきました。

引き続き、税理士の先生と協働・連携し、顧問先のクライアントの皆様に「明るい未来」を提供したいと考えておりますので、顧問先のクライアントでお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非ともご紹介をお願い致します。

顧問先のクライアントをご紹介頂いた場合には、ご紹介頂きました税理士の先生方の「価値」をさらに上げられるような働きをお約束申し上げます。相談のみでクライアントのお悩みが解消される場合もございます。
何卒ご検討のほど、よろしくお願い致します。

注力分野

■企業法務に関する相談(契約書作成、経営者の相談全般)
■企業法務に関する交渉(クレーム対応など)
■労務問題(解雇・退職をめぐる一連の問題、問題社員対応、就業規則改訂など)
■事業の倒産・再生申し立て、事業承継/M&A
■その他民事(税務が関係する問題など)

弁護士 平松 達基

プロフィール


■1990年(平成2年)生
■昭和高校卒業
■名古屋大学法学部卒/名古屋大学法科大学院修了
■2015年(平成27年) 司法試験合格
■2016年(平成28年) 弁護士登録(ロウタス法律事務所)
■2019年(令和元年)6月 当事務所入所

所属

■愛知県弁護士会 
■愛知県弁護士会 研修センター運営委員会(相続専門研修委員)
■愛知県弁護士会 法教育委員会

メッセージ

弁護士登録後2年半は、相続、不動産事件を中心に取り扱う事務所に所属し、多数の遺産分割交渉や、調停等に対応いたしました。
所属弁護士会では、相続専門研修も担当しており、相続事件・不動産事件を多く取り扱っております。

最近では、企業法務、労働問題などの分野にも力を入れております。
一見、クールそうに見えると多くの人に言われますが、根は熱い人間であると自負しております。

ご相談に際しましては、それぞれの状況に合わせて、最適な手段をご提案いたしますので、まずはご相談ください。

注力分野

■経営者の遺言作成、相続事件
■企業法務(契約書作成、クレーム対応)
■労務問題(残業代や有給に関する問題、就業規則の改訂)
■不動産の明渡し、立退請求に関する事件など